忍者ブログ
30歳までに筋金入りのサーファーガールになるべく、サーフィン修行★★
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
-彩信-
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1981/02/17
職業:
今はサラリーマン
趣味:
サーフィン
自己紹介:
鳥取県生まれ。幼少時代に南国台北で生活した経験から南国気質な成長を遂げる。鳥取県に戻った後も海と自然に囲まれて高校時代までをすごした後、大学進学の為東京都国立市へ拠点を移す。大学時代はダイビングと旅行という平凡な学生生活を送る。現在は千葉県に在住、大学卒業後入社した金融機関で働きつつ、週末はサーフィンに明け暮れる日々を送る。
印象的だった場所:マチュピチュ(ペルー)、イスタンブール、四国、福井県。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[11/11 ぴ]
[09/04 光輝]
[04/12 ●藤原紀香 離婚の影にあったフルヌ.ード画 像・極 秘旅 行映 像]
[12/14 ぐーおと]
[09/14 愛介護ネット]
[09/07 Yu]
[09/05 彩信]
[09/05 彩信]
[09/05 Yu]
[09/05 Yu]
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気温の変化が激しくて、カゼを引いてしまいました。
家でおとなしく、読書の秋といったところでしょうか。

家の中の本を整理していて、まだ読んでいない本をみつけ、
改めて読み返しました。そして残念なことに読み終わってしまった
久々に面白い本をご紹介します。

1869年 ジュール・ベルヌ作
 「海底二万里」 Vingt Mille Lieues Sous Les Mers

海底二万里というと、児童用文庫やディズニーシーのアトラクション
を連想するかもしれません。(ディズニーシーは行ったことがありませんが。。)
私としては、海底二万里といえば、子供の頃大好きだった
あのアニメ、「不思議の海のナディア」のイメージでしょう!
20代の人なら子供の頃NHKのアニメで見てた人も多いのでは。
そう、最強潜水艦ノーチラス号とネモ船長、幻の海底に沈んだアトランティス。
う~わくわくする~!!!

1866年を舞台に、不思議な事件が世界中を興奮させた。
何隻もの貿易船、軍艦がある巨大な「生き物」に襲われる事件が多発していたのである。
その「ある生き物」は、長く、ときどき強烈に発光し、クジラとは比較に
ならないくらい大きく、そして速い物体なのであった。
民衆は伝説上のクラーケンや謎の海の怪物の仕業として恐れ、興奮し、
その解明の為にその主人公の一人アロナックス教授は米軍艦に乗り込み、
海への冒険に出発する。。。

これだけで、相当興奮しますが、その後、主人公はネモ船長と出会い、
海底二万里の冒険をすることとなるのですが、この海底の描写が
とてもうまいんです。私も素人なのでどれくらいの緻密さがあるのかは
わかりませんが、かなりの海洋学・海洋生物学の知識をもって著者は
この作品を書いたのだろうと思えます。

サメや魚、クジラの登場もドキドキです。
メキシコ湾流の記述もあり、ミクロな視点だけでなく、マクロな海のダイナミズムも
兼ね備えています。(この海流のおかげでヨーロッパは温暖なのである、
という一説もあり、科学の世界に引き込まれます。)

この作品が書かれたのは19世紀。今のように一般にダイビングが簡単に
できる時代ではありません。そんな時代にこの人の想像力には脱帽です。
単なる岩波文庫の活字から、広大な大海原・海中世界へトリップできるのです。
しかも600円程度で。すごいの一言です。
やばい、おもしろい。
でも、会社行く前に読んでると、会社行くの忘れちゃいますのでご注意を。

PR
コメント
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
(C) [ http://led.blog.shinobi.jp/ ] 忍者ブログ [PR]