忍者ブログ
30歳までに筋金入りのサーファーガールになるべく、サーフィン修行★★
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
-彩信-
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/02/17
職業:
今はサラリーマン
趣味:
サーフィン
自己紹介:
鳥取県生まれ。幼少時代に南国台北で生活した経験から南国気質な成長を遂げる。鳥取県に戻った後も海と自然に囲まれて高校時代までをすごした後、大学進学の為東京都国立市へ拠点を移す。大学時代はダイビングと旅行という平凡な学生生活を送る。現在は千葉県に在住、大学卒業後入社した金融機関で働きつつ、週末はサーフィンに明け暮れる日々を送る。
印象的だった場所:マチュピチュ(ペルー)、イスタンブール、四国、福井県。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新コメント
[11/11 ぴ]
[09/04 光輝]
[04/12 ●藤原紀香 離婚の影にあったフルヌ.ード画 像・極 秘旅 行映 像]
[12/14 ぐーおと]
[09/14 愛介護ネット]
[09/07 Yu]
[09/05 彩信]
[09/05 彩信]
[09/05 Yu]
[09/05 Yu]
[77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日も暑い日でしたね~。。
埼玉で線路が熱で曲がってしまったようです。
Yahooニュースで見ました。

今日は8月15日、終戦記念日です。
気のせいか、私が気づかなくなったのか、
私が子供のころよりも戦争に関するTV番組とか
少なくなったように思います。
子供のころは学校の授業で戦争に関する話題に触れることが
多かったんでしょうね。

日本の戦争を実体験として知っている世代は
もう私のおじいちゃんおばあちゃんの世代。
ちゃんと話を聞いておこうと思いつつ、
つい突っ込めなかったりするんですよね。
決していい思い出ではないのはわかっているから。

前におじいちゃんおばあちゃんが聞かせてくれた話をすると。

うちのおじいちゃんは、太平洋戦争のとき、
兵隊で南アジアに行っていたそうです。
インドネシアとかニューギニアとか。
当時は食料も少なく、ヘビとかも食べていたんだって。
とても印象的だったのがおじいちゃんがアメリカ軍と遭遇したとき。
(たぶんアメリカ軍だったと思う。。とにかく当時の敵国軍)

おじいちゃんと数人の仲間は上陸していた島で
隠れていたそうです。
ジャングルの中をかき分けながら進軍していました。
ちょうど崖の下の辺りを進んでいたとき、崖の上に
人の気配が。警戒しながら確認すると、なんと米軍兵が同じく数人。
進退できない状態になったそのとき、不覚にも物音を立ててしまったのです。
心配したとおり、上の米軍兵は物音に気づいたようで
崖の淵まで近づいてくる。
そしてなにかをこちらに向かって投げてきた。
そのときおじいちゃんは手榴弾かなにかを投げられたと思い、
もうだめだと思ったそうです。
ところが、おじいちゃんは無事日本に帰ってきています。
そのとき、米軍兵は爆弾ではなく、なんとタバコを1ケース投げてきたのだそうです。

この話を私にしてくれたとき、私はまだ小学生くらいだったのですが、
よく覚えています。
この話を祖父がしてくれたとき、祖父は何を思ったのか。
攻撃されると思いきや、タバコを投げてよこしたのです。
敵対しあう相手を同じ人としてみることができた瞬間だったのではないでしょうか。
私はそんな気がします。

同じ人同士なのに戦争は絶えません。
こうしている今も世界中で戦闘や食糧難で苦しむ人がいます。
日本は今過去激しい戦争を経験し、大きな損失を与え、受けた経験を
決してムダにすべきではありません。
過去を引き継ぎ、世界に目を向けられるように。
したいなぁ。
どうすればうまくいくんでしょうね。。。

PR
コメント
 
いい話です。
おじいちゃんの話、いい話ですね、感動しました。友達にもこの話を読んでもらいたく、紹介しました。インドネシアのスマトラ島の観光ツアーでは、戦争跡地を巡って日本兵が行った残虐な内容をコメントしていたそうです。このツアーに参加した友達は、彼だけ日本人で立場がなかったようです。サーフトリップでは、いろいろな事を学ばさせてくれます。
【2007/09/05 12:13】 NAME [Yu] WEBLINK [] EDIT []
 
戦争のこと
ご友人の立場、つらいですね。。。でもそのツアーに参加されて、跡地をめぐられたことは英断だったと思います。戦争というと広島長崎等がまず思いうかびますが(今はそれすら薄れているような気もしますが)、実際は国内だけでなく、沖縄やアジア各地、ハワイ、サイパン等々、多くの場所で残虐なことが行われてきたと思います。でも、どれだけその実態を知っているかというと、具体的には知らないというのが本音です。お恥ずかしいばかり。海外に行ったり、外国人と触れ合うと、自分の輪郭が見えてくるというか、日本という国を意識させられます。よく言われることですが、同じ過ちを繰り返さないように、過去から目を背けずに前向きな方向にもって行きたいですよね。サーフィンにしてもダイビングにしても戦争の傷跡に触れることは結構あります。スーサイドクリフとか、沈没船・沈没戦闘機とか。そいうったものが持っている過去の事実を受け止めて、メッセンジャーとなれるようにしたいと思います。
【2007/09/05 21:28】 NAME [彩信] WEBLINK [] EDIT []
コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
トラックバック
この記事にトラックバックする:
(C) [ http://led.blog.shinobi.jp/ ] 忍者ブログ [PR]